エステを中途解約するときに違約金はいくら取られるのか

エステサロンで施術を受けたあとに、何らかの事情によって中途解約をしなければならないときも予測できます。その場合においては、違約金を取られることになるのかどうかかなりの人が悩ませがちです。

結論としては、エステサロンの営業方針によります。違約金を取られることもありますので、注意したほうが良いこともあります。ただし、料金については中途解約の場合は施術前の場合には2万円が上限となっています。

それ以上のお金を支払う必要はありません。1回施術を受けた場合においては初期費用・すでにサービスを受けた分の費用・2万円又は契約残金の10%のうちいずれか低い額を合わせた金額が解約違約金の上限となっていることを留意します。

中には違約金の制度を設けていないエステサロンについてもありますので、契約書についてはしっかりと確認しておいたほうが良いでしょう。わからないことがあった場合には窓口に相談するなどを行います。また、契約したとしても8日以内であればクーリングオフの適用となります。

この制度を利用する場合は、お金を支払う必要はありません。中途解約をもしも行う場合には、最初に契約したエステサロンの担当者に口頭で中途解約することを伝えてみて対応を待つようにします。

それから、店舗に行って解約の手続きを行うと良いでしょう。中には、悪質な対応をされるケースもあります。その場合にはクーリングオフと同じく書面にて内容証明郵便を送ったり、消費者センターに相談するなどの方法もあります。